遠近法タイトル

遠近法の概要 Perspective

絵を写実的に描くうえで、とても重要な技法が遠近法です。 遠近法はどれも一度覚えてしまえば簡単なもので、誰もが自然に使えるような絵画の基礎技法です。 遠近法はルネサンス期に“開発”され、これにより絵画は劇的に変化しました。そ れまで“面 ”として描かれてきた対象物が、奥行きを獲得し、3次元時代に突入し ました。 つまり3次元である対象物の奥行きをどう2次元平面 に表現するか、その理論と技法が遠近法なのです。 平面の上に立体を表現するという、矛盾した行為ですが、これにより多くの優秀な画家がすぐれた仕事をしていることも事実です。ここに説明する遠近法は、あくまで概要ですが、絵画や CGなどの平面表現に関わる者にとってはどうしても避けては通れない基本技法です。

 遠近法の基礎知識
透視図法(幾何学遠近法)
 一点透視図法
 二点透視図法
 三点透視図法
その他の遠近法
 空気遠近法
 消失遠近法
 色彩遠近法
遠近法の応用テクニック
 遠近法を用いた人物配置

 HOME

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PCスタジオ ほっとなび フォトメイク プーライフ オークション

 等間隔の対象物を正確に描く