BACK←遠近法

三点透視図法

三点透視図法は、高い建築物などをすぐ近くから見上げたり、飛行機など上空から見下す構図を描くときに使用します。 左右の消失点が目の高さにあるのは、二点透視法と同じです。そして、三点目の上もしくは下(下から見上げるか、上から見下ろすかによって違うので)の消失点に垂直方向の平行線は収束するということです。

三点透視1